BIGLOBE WiMAXの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

これからWiMAXを利用しようという方々で、2019年10月から新料金体制となったBIGLOBE WiMAXで契約を検討されている方は、多くいらっしゃるのではないでしょうか。

インターネットプロバイダの老舗「BIGLOBE」の知名度は高く、またサポート体制の充実さの評判も相まって、BIGLOBE WiMAXを利用される方は多くいらっしゃいます。

ですが、BIGLOBE WiMAXがすべての人にとって最もおすすめなWiMAXプロバイダかというと、必ずしもそうとは言い切れません。

特に料金の安さを重要視される方は、GMOとくとくBBなどのより料金面でお得なプロバイダを選ぶべきでしょう。

この記事では、BIGLOBE WiMAXの特徴・評判からメリット・デメリットまで詳しくお伝えしていきます。

現在BIGLOBE WiMAXの契約を検討している方は、この記事を読めば契約を進めるべきか他のWiMAXプロバイダにしたほうが良いかの判断も付くことでしょう。ぜひご覧ください!

BIGLOBE WiMAXの特徴・評判は?

BIGLOBE WiMAXってどんなプロバイダ?

BIGLOBEといえば、インターネットプロバイダの老舗として、多くの人がご存知のところでしょう。

会社名は「ビックローブ株式会社」。NECの関連会社です。

BIGLOBE WiMAXは、そのビックローブ株式会社が運営するWiMAXプロバイダサービスです。

WiMAXのラインナップは常に最新端末を提供しており、そして「大手企業」ならではサポート体制がBIGLOBE WiMAXの特徴・強みと言えるでしょう。

BIGLOBE WiMAXの特徴・強み

  • 取り扱い端末は、常に最新端末を用意
  • サポート体制が充実している
  • BIGLOBE会員の場合、BIGLOBE WiMAXとの併用によって料金が200円安くなる

3点目の「BIGLOBE会員の場合、BIGLOBE WiMAXとの併用によって料金が200円安くなる」については、BIGLOBEの接続サービス(光ファイバー、ADSL等)を利用されている方は、BIGLOBE WiMAXで契約した際に毎月の月額料金が通常より200円安くなるという特典です。

現在BIGLOBE会員の方は、このあたりもチェックしておくと良いでしょう。

また、2019年10月よりWiMAXの料金体制が一新され、以下のようになりました。

BIGLOBE WiMAXの基本料金プラン

プラン内容 ギガ放題プラン(月内のデータ使用量無制限)
プラン月額料金 3,980円
データ端末代

19,200円

※毎月800円×24ヶ月の分割払い 口座振替の場合は一括支払いも可能

キャッシュバック特典 10,000円
契約期間 1年間
契約違約金 1,000円

上記の新料金プランについて、特に押さえておきたいのは以下の2点です。

  • 契約プランが「1年契約・ギガ放題」のみ
  • 契約違約金は1,000円(12ヶ月目まで)、端末代割引なし

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

契約プランが「1年契約・ギガ放題」のみ

これまでBIGLOBE WiMAXの契約期間は「3年契約」でしたが、新プランは「1年契約」にシフトされています。

つまり、解約タイミングをよりフレキシブルに持てるようになったということですね。

また、プランは「ギガ放題プラン」1本となっており、これまであった「ライトプラン(月内7GBまで)」を廃止されています。

これら変更点は、プランがシンプルになり契約内容を把握しやすくなった、BIGLOBE WiMAXの「改善ポイント」と見て良いでしょう。

契約違約金は1,000円(12ヶ月目まで)、端末代割引なし

これまでBIGLOBE WiMAXを含め多くのWiMAXプロバイダは、契約期間内の解約に伴う契約違約金が9,500円〜24,000円とかなり高額でしたが、BIGLOBE WiMAXの新プランにおいて契約違約金は1,000円のみとなっており、2年目以降は不要となります。

一方、以前までBIGLOBE WiMAXでは端末代の分割払いに対して割引サービスを行っていましたが、新プランにおいて割引サービスはなくなりました。

よって、BIGLOBE WiMAXで契約の際、毎月の支払いは月額料金の3,980円にプラスして、端末代の分割払い分800円の、合計4,780円を支払う形になります。

これらの変更は、2019年10月から実施された「電波通信事業法改正」(複雑な割引システムや縛り制度(囲い込み)を廃止して、利用者が料金プランを理解し選びやすくするための取組)に沿って行われた形になります。

たしかに料金プランの仕組みはわかりやすくなり、かつ解約時のハードルも大分低くなりましたが、毎月の支払いが以前と比べてやや高額になった点は気になるところですよね。

BIGLOBE WiMAXの評判は?

続いては、新プラン後におけるBIGLOBE WiMAXについて利用者からどんな評判や感想が出ているのか、ネットの声も拾ってみましょう。

BIGLOBE WiMAXに対しての「良い評判」

まだ新プランに移行されて間もないということで、BIGLOBE WiMAXに対しての「良い評判」はそれほど多く見られませんでした。

ですが、解約時のハードルが下がった点(契約違約金が1,000円に引き下がった)については、多くの方々が好意的に捉えているようです。

また、過去の評判・感想まで見た際には、「以前にBIGLOBEのインターネット回線を使っていたので、会社に対する安心感がありました」「WiMAX契約時の支払い方法で、クレジットカードだけでなく口座振替ができるのがとてもありがたかったです」「サポートの質も高く、選択は間違ってなかったと思っています」といったサービス体制面についての高評価コメントが多かったです。

BIGLOBE WiMAXに対しての「悪い評判」

BIGLOBE WiMAXの「悪い評判」「残念な評判」については、新プラン移行後に月々の支払いが高くなったこと、また本体端末の分割払い完済前に解約したときに、残りの分を請求されることなどをコメントされている方が見られました。

このあたりは、記事後半の「BIGLOBE WiMAXのデメリット」に置いて詳しく述べますので、併せてご確認ください。

BIGLOBE WiMAXのメリット

さて、続いては改めてBIGLOBE WiMAXのメリット・おすすめポイントについて整理してみましょう。

新料金プランに移行した BIGLOBE WiMAXにおけるメリットとしては、以下の7点を押さえておくと良いでしょう。

  • 1年契約が可能
  • サービス開始月(0カ月目)は月額料金が無料
  • サービス開始翌月に10,000円キャッシュバック
  • 最新機種が選択可能
  • auスマートバリューmine、ギガMAX月割に対応
  • 支払方法で、クレジットカード決済か口座振替を選べる
  • サポート体制が充実しており、安心の品質!

1年契約が可能

数あるWiMAXプロバイダの中で、BIGLOBE WiMAXが持つメリットとしてまず挙げられるのは、「1年契約が可能」という点です。

現在多くのWiMAXプロバイダは「3年契約」を主流としており、契約期間内の解約時には高額の契約違約金が発生してしまいます。

「1年契約」という短スパンで契約を更新・解約できて、かつ1年以内の契約違約金も1,000円の低コストで済ませられるのは、私たち利用者からしてもありがたい仕組みでしょう。

ただし、今後は他のWiMAXプロバイダも同様にプラン内容を変更する可能性もありますので、ご注意ください。

サービス開始月(0カ月目)は月額料金が無料

BIGLOBE WiMAXは、サービス開始月の月額料金を「無料」としています。

日割り料金の仕組みはありませんので、できるだけ月初からサービスを利用開始した方が、初月無料の恩恵を享受できて料金はお得になります。

サービス開始翌月に10,000円キャッシュバック

また、10,000円の高額キャッシュバック特典が、「サービス開始翌月」に入ってくるのもBIGLOBE WiMAXのひとつのメリットと言えるでしょう。

キャッシュバック特典を行っているWiMAXプロバイダは多くありますが、その多くは受け取りまで半年〜1年の期間があり、「受け取り期間のタイミングで手続きを忘れてキャッシュバック特典を貰えなかった…」という方も少なくありません。

契約後、翌月すぐにキャッシュバック特典を貰えるスケジュールですと、手続きを忘れてもらい損ねるといったこともあまり起きずに済ませそうですね。

最新機種が選択可能

先にも触れましたが、BIGLOBE WiMAXで取り扱う製品ラインナップでは、常に最新機種が用意されています。

参考:BIGLOBE WiMAXの取り扱い機種一覧(2019年10月現在)

WiMAXは端末が新しいバージョンになる毎に性能が大きく向上していますので、WiMAXの機種端末は基本最新のものを選んでおけば間違いないでしょう。

ちなみに、BIGLOBE WiMAXでは古い機種の取り扱いがなく、全て端末代は同一料金(19,200円)となっています。

auスマートバリューmine、ギガMAX月割に対応

その他、BIGLOBE WiMAXは、auスマホ・携帯電話ユーザー向けの割引サービス「auスマートバリューmine」およびUQモバイルユーザー向けの割引サービス「ギガMAX月割」にも対応しています。

auスマートバリューmine

auスマホ・携帯電話と併せてBIGLOBE WiMAXを利用した場合、月額料金が最大1,000円割引される特典

ギガMAX月割

UQモバイルのスマホと併せてBIGLOBE WiMAXを利用した場合、月額料金が300円割引される特典

どちらも毎月のスマホ・携帯料金が割り引かれますので、年単位で見ると大きなコスト軽減に繋がります。

auユーザーもしくはUQモバイルユーザーの方は、BIGLOBE WiMAX契約の際には是非とも利用したい特典でしょう。

auスマートバリューmineとWiMAXは相性抜群!スマホ料金が毎月1000円お得に

ウルトラギガMAXでスマホ料金がずっと300円割引!UQ利用者必見

支払方法で、クレジットカード決済か口座振替を選べる

その他BIGLOBE WiMAXのメリットとして挙げられるのが、支払い方法で「クレジットカード」と「口座振替」の両方を選べるという点です。

多くのWiMAXプロバイダにおいて、支払い方法は「クレジットカード払い」のみとしており、何かしらの理由でクレジットカードでの支払いが難しいという方は契約自体ができません。

一方、BIGLOBE WiMAXはクレジットカード払いだけでなく口座振替にも対応しており、支払い方法の違いによる料金差もありません。

支払いに関する自由度が持てる点で、BIGLOBE WiMAXがおすすめになるという方は多くいらっしゃることでしょう。

サポート体制が充実しており、安心の品質!

BIGLOBE WiMAXのメリットとして最後に挙げるのは、やはり「サポート体制の品質」です。

BIGLOBEはこれまでの評判通り、サポート体制には力を入れており、メールサポート・電話サポート共に充実しています。

  • メールサポート:365日24時間対応
  • 電話サポート :365日9時〜18時まで受付(フリーダイヤル)

土日祝日も電話サポートを受け付けており、かつフリーダイヤルでかけられるのは、特にビジネスマンからすると嬉しい特徴ですよね。

また、WiMAXのトラブルで少なくない「初期不良」が起きた場合、BIGLOBE WiMAXですと auショップが窓口になってくれ、かつ代機種を用意してくれるので「使えない期間」が発生しません。

このあたりのサポートの手厚さは、他のWiMAXプロバイダと大きく差が出ます。

「WiMAXを購入したいけれど、サポート体制の充実したWiMAXプロバイダで契約したい」という方は、BIGLOBE WiMAXプロバイダの一択でまず間違いないでしょう。

BIGLOBE WiMAXのデメリット

続いては、BIGLOBE WiMAXの「デメリット」「注意点」についても見てみましょう。

BIGLOBE WiMAX契約前に押さえておきたいデメリットとしては、以下の3点が挙げられます。

  • 月額料金は安くはない
  • 端末代19,200円の割賦により、実質2年契約になる
  • ハイスピードプラスエリアモードが有料

月額料金は安くはない

先にも触れましたが、BIGLOBE WiMAXの月額料金は3,980円で、かつ契約後2年間は端末19,200円割賦(分割払い)により+800円が加算されて4,780円となります。

参考:BIGLOBE WiMAXの2年間トータルコスト

初期費用 3,000円(税抜)
月額料金 3,980円(税抜)
毎月の端末分割払い分※24ヶ月間 800円(税抜)
キャッシュバック特典 -10,000円
2年間トータルコスト 107,720円(税抜)
実質月額料金 4,488円(税抜)

上記「2年間トータルコスト」および「実質月額料金」は、他の「最安値」をウリにしているWiMAXプロバイダと比べるとやや高めとなります。例えば、特に料金の安さで評判の高いGMOとくとくBBと比較した場合は、以下表のようになります。

参考:BIGLOBE WiMAXとGMOとくとくBBの料金比較(実質月額料金で比較)

WiMAXプロバイダ 実質月額料金
BIGLOBE WiMAX 4,488円(税抜)

GMOとくとくBB

「キャッシュバックキャンペーン(3年契約)」

3,352円(税抜)

GMOとくとくBB

「月額値引きキャンペーン(3年契約)」

3,491円(税抜)

GMOとくとくBBの実質月額料金と比較した際、BIGLOBE WiMAXの料金は1,000円前後割高となります。

「なるべく料金の安いWiMAXプロバイダで契約したい」という方は、BIGLOBE WiMAXよりもGMOとくとくBBのほうがおすすめになるでしょう。

GMOとくとくBB WiMAXは月額割引がおすすめ!料金が確実に安くなる

端末代19,200円の割賦により、実質2年契約になる

その他、BIGLOBE WiMAXは端末代19,200円を「毎月の分割払い×24ヶ月分」としている点にも注意が必要です。

仮に24ヶ月未満で解約をした場合、端末代の残額は一括で支払う必要があります。

つまり、解約時に違約金や残債を完全にゼロにするとしたら、最低24ヶ月間はBIGLOBE WiMAXを利用し続けなくてはいけない、ということですね。

ちなみに、BIGLOBE WiMAXの支払い方法を「口座振替」にした場合は、端末代19,200円の一括払いは可能ですが、WiMAXプロバイダの本家本元である「UQ WiMAX」では端末代を15,000円としていますので、一括払いの際もUQ WiMAXより割高感があります。

UQ WiMAXの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

ハイスピードプラスエリアモードが有料

また、WiMAXをauのインターネット回線で利用できる「ハイスピードプラスエリアモード」を活用予定の方は、BIGLOBE WiMAXの際は有料(利用月に税別1,005円発生)になることも押さえておきましょう。

これまで、多くのWiMAXプロバイダは3年契約プランにおいてハイスピードプラスエリアモードを「無料で利用できる」設定としていました。

BIGLOBE WiMAXも以前までの3年契約プランのときはハイスピードプラスエリアモードは無料だったのですが、現在1年契約メインとなり有料(利用した月のみ税別1,005円が発生)となっています。

ハイスピードプラスエリアモードとは?通信エリア・注意点まとめ

BIGLOBE WiMAXがおすすめの方

ここまで、BIGLOBE WiMAXの特徴からメリット・デメリットまでお伝えしました。

新料金プランに移行して、BIGLOBE WiMAXのサービスはメリット・デメリット双方大きく変化しています。

「BIGLOBE WiMAXが自分にとっておすすめか、まだよくわからない」という方は、以下の「BIGLOBE WiMAXがおすすめの方はこんな方」の項目を参考にされると良いでしょう。

BIGLOBE WiMAXがおすすめの方はこんな方

  • 短い期間(1〜2年)でWiMAXを契約したい方
  • WiMAXの最新端末を利用したい方
  • 支払方法を口座振替にしたい方
  • 料金よりもサポート体制や運営会社の実績・安心感を重視する方

上記項目において、複数あてはまる項目がある方はBIGLOBE WiMAXを契約先の優先候補として進められると良いでしょう。

一方、「料金の安さ」や「ハイスピードプラスエリアモードを無料で利用したい」という方は、GMOとくとくBBをはじめとする別のWiMAXプロバイダもチェックしておくことをおすすめします。

まとめ) 運営会社の実績とサポート体制、および1年契約にニーズのある方はBIGLOBE WiMAXはおすすめ

現在国内のWiMAXプロバイダは約30あります。

その中でBIGLOBE WiMAXはサービス体制・料金・プラン内容トータルで「バランスの取れた」WiMAXプロバイダと言えるでしょう。

特に、運営会社「ビッグローブ」の実績とサポート体制の充実さ、および「1年契約」という契約期間の短さはBIGLOBE WiMAXの大きな特徴(メリット)です。これら点に魅力を感じ、かつ毎月の月額料金が負担にならないという方は、BIGLOBE WiMAXはおすすめのプロバイダになります。

一方、GMOとくとくBBのようなBIGLOBE WiMAXよりもはるかにトータルコストの安く済むプロバイダや、そして今後サービス体制を大きく変えてくるプロバイダについても、契約の際は事前にサービス内容を確認しておくことをおすすめします。

皆様のこれからの快適なインターネットライフを実現していく際に、この記事が少しでもお役立てできることを、心より願っています!


9月のおすすめモバイルWi-FIサービス

サービス名/プロバイダ・キャンペーン・プラン 回線 契約年数 月額料金
1 BBN Wi-Fi トリプル
キャリア
2年 3,250円/月 公式サイト
2 ギガWi-Fi
(U2sプラン)
トリプル
キャリア
3年 3,250円/月 公式サイト
3 WiMAX
(GMOとくとくBB 月額値引き)
WiMAX2+ 3年 3,344円/月
(1〜2ヶ月目2,590円、
25ヶ月目〜4,263円)
公式サイト