ギガWi-Fiの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

ポケットWi-Fi選びで、月内のインターネット使い放題・かつ月額料金の安い「ギガWi-Fi」で契約しようとしている方は、現在多くいらっしゃるのではないでしょうか。

ギガWi-Fiは、ネット上でも最近話題になりつつある、「月内のデータ通信量制限なし」で、かつ海外でも利用できるポケットWi-Fiです。

現在同様の特徴を持つポケットWi-Fiは他にもありますが、ギガWi-Fiはその中でも特に料金が安く、かつ即日発行が可能な点から、高い関心と評判を勝ち得ているようです。

一方で、ギガWi-Fiは契約期間が3年間、かつ解約違約金が高額といったデメリットもありますので、契約の際は十分にメリット・デメリットを把握してからの判断が望ましいでしょう。

この記事では、そんなギガWi-Fiの特徴から、評判、メリット・デメリットまで詳しくお伝えしていきます。

記事を読めば、あなたにとってギガWi-Fiが最もおすすめのポケットWi-Fiか、判断もつけられることでしょう。ぜひご覧ください!

ギガWi-Fiの特徴・評判は?

はじめに、ギガWi-Fiの特徴について見てきましょう。

ギガWi-Fiの公式サイトでは、ギガWi-Fiの選ばれるポイントとして以下の5点を挙げています。

まず目を引くのがPoint1の「インターネット使い放題」ですよね。ですが、その他、Point2〜5も含めこれらの特徴を備えたポケットWi-FiはギガWi-Fi以外にも数多くあります。

そこで、続いてはギガWi-Fiの運営会社情報ほか特に押さえておきたいポイント、そしてギガWi-Fiの評判についても確認していきたいと思います。

ギガWi-Fiの運営会社

ギガWi-Fiのサービスを運営するのは、株式会社メディアサービス

2010年設立の、フレッツ光などのインターネット回線・プロバイダーの各種取次、WEB制作などを行う会社です。

会社創業から10年経過しており、また早いタイミングからインターネット回線取次などのブロードバンド事業を手掛けていることもあり、実績面において安心できる会社と言えるでしょう。

2020年3月時期に、コロナ禍の影響で多くのポケットWi-Fi提供会社がサービスの提供・発行が難航したところ、メディアサービスでは比較的安定した供給ができていたということで、同社とギガWi-Fiへの信用も高まった感があります。

トリプルキャリアで使い放題。海外でも利用可能

ギガWi-Fiの特徴面でまず押さえておきたいのが、ギガWi-Fiは「トリプルキャリア」に対応しているという点です。

トリプルキャリアとは、国内主要回線であるソフトバンク・au・ドコモそれぞれの回線を使ってインターネット接続ができることです。

それぞれの回線のうち繋がりやすい回線を自動で判別しインターネット接続してくれますので、ギガWi-Fiは他のトリプルキャリア以外のポケットWi-Fiと比較して、非常に良好な「インターネットの繋がりやすさ」を提供してくれるのです。

参考:ギガWi-Fiのトリプルキャリアのイメージ(公式サイトより)

そのほか、ギガWi-Fiは国内のみならず海外の134カ国で、特段の設定なく、そのままインターネット接続することができます(※海外でのインターネット接続時は、別途料金が発生します)。

海外でのインターネット利用を検討されている方は、「ギガWi-Fiのメリット『海外134か国でも利用可能』」で詳しく紹介しますので、併せてご覧ください。

利用料金

ギガWi-Fiの利用プランは、「U2s」「U3」「G4」の3つのがあり、それぞれ「U2s」「U3」月額3,250円、「G4」月額3,480円となっています。

ギガWi-Fiの利用料金

料金プラン 月額料金 特徴
U2s、U3 3,250円 インターネット接続以外の機能なしのシンプル設計の端末「U2s」を利用するプラン
G4 3,480円 ディスプレイ付きで、翻訳・地図・旅行の口コミアプリ、充電器として活用できる「G4」を利用するプラン

上記3つの料金プランは利用する端末の違いのみで、その他のスペック(通信速度、バッテリー性能等)は一緒ですので、「とにかくインターネット接続できればそれでよい」という方は、料金の安いU2sで充分でしょう。

その他、契約期間や解約違約金等の契約条件は以下の通りです。

利用料金

料金プラン「U2s」:月額3,250円

料金プラン「U3」:月額3,250円

料金プラン「G4」:月額3,480円

契約期間 3年
初期費用 事務手数料3,000円
解約違約金 初月〜36ヶ月目:19,800円、38ヶ月目〜:10,450円
送料 無料
端末代 無料
オプション Wi-Fi安心サービス 月額400円【通常使用による自然故障、偶然の事故(火災、盗難、紛失、破壊、落雷、水漏れ)で使用不能となった場合、リファビッシュ品を2,762円で交換】
海外利用料金 500MB/日 900円、1GB/日 1,200円

上記契約条件で一点気になるのが、「解約違約金」が結構な割高にあることです。

ギガWi-Fiでは、1〜36ヶ月目以内で解約した場合は19,800円、38ヶ月目以降の契約更新時期以外で解約した場合は10,450円の違約金が発生します。

ギガWi-Fiの解約違約金については「ギガWi-Fiのデメリット『解約違約金が割高』」で詳しく紹介しますので、併せてご覧ください。

利用端末

続いては、ギガWi-Fiで利用する端末についても見ていきましょう。

ギガWi-Fiで利用できる端末は、先にお伝えした「U2s」「U3」「G4」のいずれかになります。

U2s、U3

U2s、U3は、ディスプレイなしの非常にシンプルなデザインの端末です。

シンプルな分、月額料金はかなり安めとなっています。

通信速度等の性能・スペック面は、もう一つの端末「G4」と変わりありません。

通信速度 下り最大150Mbps、上り最大50Mbps
連続通信時間 約12時間
同時接続台数 5台
サイズ 127.0mm×65.7mm×14.2mm
重さ 約149g 

G4

G4は、5.0インチのディスプレイ付き端末です。以下の機能を利用できます。

  • 22言語対応の翻訳機能
  • Google Map
  • TripAdvisor
  • モバイルバッテリー機能(充電器として利用)

海外での利用時に、翻訳機能やいざというときのモバイルバッテリーが役立ちそうですね。

それ以外の機能・スペックについては、もう一つの端末「U2s」と変わりありません。

通信速度 下り最大150Mbps、上り最大50Mbps
連続通信時間 約12時間
同時接続台数 5台
サイズ 136.0mm×72.2mm×12mm
重さ 約188g 

ギガWi-Fiの評判

さて、ギガWi-Fiを実際に利用している人からはどんな評判や口コミがあるのでしょうか。

TwitterでギガWi-Fiについてコメントしている方々の声をピックアップしてみました。

現在(2020年4月)のところ、利用者のギガWi-Fiに対する評判はおおむね高評価のものがほとんどでした。

評価ポイントは、「繋がりやすさ(通信速度の安定さ)」「対応の良さ・スピード」にあります。

2020年4月といえばコロナ感染拡大によってインターネット接続端末の需要過多に夜深刻な品薄もあった時期でしたが、そのなかで安定した供給を見せることができたというのは、ギガWi-Fiが大きく信頼を勝ち得るきっかけとなったのでしょうね。

ギガWi-Fiのメリット

ここからは、ギガWi-Fiの「メリット面」について見ていきましょう。

他のポケットWi-Fiと比較して、ギガWi-Fiは大きく以下の4つのメリットがあります。

  • 月額料金が安い
  • 通信制限なし
  • 海外134カ国でも利用可能
  • 最短即日発行が可能

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

月額料金が安い

ギガWi-Fiのメリットでまず挙げたいのが、「月額料金」の安さです。

ギガWi-Fiのような「月内のインターネット使い放題」「海外でも利用可能」といったトリプルキャリア回線のポケットWi-Fiの月額料金はおおよその平均で3,400〜3,500円程度です。

ギガWi-FiのU2sプラン、U3プランは月額料金3,250円となっておりますので、かなり割安となっているのが分かります。

トリプルキャリア回線のポケットWi-Fiのおおよその月額料金 3,400〜3,500円程度
ギガWi-Fiの月額料金(U2sプラン、U3プラン) 3,250円

一方で、ギガWi-Fi同等に料金の安いトリプルキャリア回線のポケットWi-Fiは、数は少ないですが他にもあります。

「料金の安いポケットWi-Fiを探していた」という方は、以下3つのポケットWi-Fiも併せてチェックしておくと良いでしょう。

参考:ギガWi-Fi以外の、月額料金が割安なトリプルキャリア回線のポケットWi-Fi

サービス名 端末 月額料金
ポケモバCloud U2s 3,250円  
ZEUS WiFi H01 1〜6ヶ月目2,980円、7ヶ月目〜3,280円
Mugen WiFi(格安プラン) U2s 3,280円

通信制限なし

ギガWi-Fiは、月内のデータ通信量を無制限で、インターネット接続することができます。

他のポケットWi-Fiにあるような「月間〇〇GBまで」「3日間で〇〇GBまで」といった制限はありません。

大容量データのやり取りが多く、月内のデータ通信量制限があると気になってしまう…という方は、ギガWi-Fiの利用がよりおすすめになるでしょうね。

ただし、ギガWi-Fiでネットワークを継続的かつ著しく大量に占有する通信をした場合、速度や通信量を制限される場合がありますのでご注意ください。

海外134カ国でも利用可能

冒頭でもお伝えした通り、ギガWi-Fiでは国内のみならず海外134カ国において、インターネット接続することができます。

海外で利用するにあたり、特に何かしら事務的な手続きを行う必要はありません。

一点注意すべきは、海外での利用時には、利用した日数分だけ海外利用料が発生することです。

海外利用料は、どの国も一利率となっており、「500MB/日 900円」「1GB/日 1,200円」の2タイプのいずれかを選ぶ形になります。

参考:ギガWi-Fiが利用できる地域・国一覧

アジア アラブ首長国連邦、イスラエル、インド、インドネシア、オマーン、カザフスタン、カタール、カンボジア、クウェート、サウジアラビア、シンガポール、スリラ ンカ、タイ、タジキスタン、 ネパール、バーレーン、パキスタン、バングラディシュ、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マカオ、マレーシア、ミャンマー、モンゴル、ヨルダン、ラオス、香 港、台湾、大韓民国、 中華人民共和国
オセアニア オーストラリア、グアム、ニュージーランド、フィジー、北マリアナ諸島
北アメリカ アメリカ合衆国、アルバ、アンギラ、アンティグア・バーブーダ、イギリス領ヴァージン諸島、カナダ、キュラソー島、グアドループ、グレナダ、ケイマン諸島、 サン・マルタン、ジャマイカ セントビンセント・グレナ、ディーン、タークス・カイコス諸島、トリニダード・トバゴ、ハイチ、プエルトリコ、マルティニーク、メキシコ
南アメリカ アルゼンチン、ウルグアイ、エクアドル、エルサルバトル、ガイアナ、グアテマラ、コスタリカ、コロンビア、スリナム、チリ、ドミニカ、ニカラグア、パ ナマ、ブラジル、ベネズエラ、ペルー、ボリビア
ヨーロッパ アイスランド、アイルランド、エーランド島、アルバニア、イギリス、イタリア、ウクライナ、エストニア、オーストリア、オランダ、ガーンジー、キプロス、ギリ シャ、クロアチア、サンマリノ、 ジブラルタル、ジャージー、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、セルビア、チェコ、デンマーク、ドイツ、トルコ、ノルウェー、 バチカン、ハンガリー、 フィンランド、フランス、ブルガリア、ベルギー、ポーランド、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ポルトガル、マケドニア、マルタ、マン島、モナコ、モンテネ グロ、ラトビア、リトアニア、 リヒテンシュタイン、ルーマニア、ルクセンブルク、ロシア連邦
アフリカ アルジェリア、アンゴラ、エジプト、ガーナ、ケニア、ザンビア、タンザニア、チュニジア、ナイジェリア、マダガスカル、モーリシャス、モロッコ、西サハラ、 南アフリカ

最短即日発送が可能

ギガWi-Fiは、申し込み後に最短即日で端末を発送してくれます。

前章での「ギガWi-Fiの評判」で「すぐに端末が手元に届いた」とコメントされている方が何人かいましたが、こういったスピーディかつ安定した発送を行えていることも、ギガWi-Fiのメリットと言えるでしょう。

ただし、当日何時までの申し込み完了で即日発送になるかは公式サイトに記載されていませんでしたので、「確実に即日発行される」というよりも、「遅くとも翌営業日発送」といった認識でいた方が無難かもしれませんね。

ギガWi-Fiのデメリット

続いては、ギガWi-Fiのデメリットについても確認しておきましょう。

ここまでの内容で、「ギガWi-Fiのサービスは自分にフィットしそう」と感じた方は、以下のデメリット面もしっかりチェックしたうえで、実際に契約するかの判断をしてみてください。

  • 解約違約金が高い
  • 通信速度は速くない
  • 最大同時接続台数が5台と少ない

解約違約金が高額

ギガWi-Fiのデメリットとして特に注したいのが、「解約違約金が相当高い」ことです。

参考:ギガWi-Fiの契約期間と解約違約金

契約期間 3年間
解約違約金 1〜36ヶ月目:税別19,800円、38ヶ月目〜:税別10,450円

リリース当時は「2年契約」でしたが、「3年契約」への変更に合わせて、解約違約金も「3年間19,800円」とちょっと他社では見られない強行な設定(他社では高くても1年間18,000円という場合が多い)になっています。

ギガWi-FiはレンタルWiFiではなく端末が無料提供されるということもあって、上記の通りやや高めの解約違約金が設定されていますが、それを含んだとしても高すぎる設定と言わざるを得ないですね。

他のトリプルキャリア回線のポケットWi-Fiはいわゆる「レンタルサービス」形式にしているところが多く、それに合わせて解約違約金がかなり安価または無料としています。

特に、ポケットWi-Fiの利用が3年未満になりそうという方は、ギガWi-Fiの場合、解約違約金で税込21,780円を支払う必要が出てきますのでご注意ください。

つまり、ポケットWi-Fiの短期利用が前提いう方は、ギガWi-Fiはあまりやめておいたほうがいいかもしれません。

通信速度は速くない

ギガWi-Fiで利用する端末「U2s」「U3」「G4」は、トリプルキャリア回線および海外でも利用可能といったアドバンテージはあるのですが、「通信速度」の観点ではあまり高性能ではありません。

参考:ギガWi-Fiの通信速度

通信速度 下り最大150Mbps、上り最大50Mbps

WiMAXやソフトバンクPocket WiFiの最新端末の中には下り最大1Gbps近くの速度が出るのに対して、ギガWi-Fiの下りの速度は最大値150Mbpsとなっています。

インターネット通信に速度を求める、高速回線であることを重要視される方はギガWi-FiよりもWiMAXなどの高速回線のポケットWi-Fiがおすすめになるでしょう。

WiMAXとワイモバイル(Y!mobile)のポケットWi-Fiを徹底比較

ポケットWiFi(Pocket WiFi)のおすすめの機種はどれ?

最大同時接続台数が5台と少ない

また、家族でポケットWi-Fiを共用する方や、ゲーム機やIoT家電などスマホやPC以外でのインターネット利用を検討する方は、ギガWi-Fiの「最大同時接続台数」にも注意すべきでしょう。

ギガWi-Fiの最大同時接続台数は、端末U2S・U3・G4すべて「5台」と少なめです。

他のポケットWi-Fiではおおよそ10〜15台の同時接続が可能であるのに対して、やや心もとなさがあります。

参考:ギガWi-Fiの同時接続台数

同時接続台数 5台

 

ギガWi-Fiをおすすめの方

ここまで、ギガWi-Fiの特徴から評判、そしてメリット・デメリットについて見てきました。

総論としてギガWi-Fiがおすすめの方は、以下項目が複数当てはまる方になるでしょう。

  • モバイルWi-Fiルーターを3年以上利用可能な方
  • モバイルWi-Fiルーターを低料金で利用したい方
  • インターネット接続にて、トリプルキャリア回線の「繋がりやすさ」を重要視する方
  • 海外でインターネット利用する予定のある方

特に意識したいのが1点目です。

ギガWi-Fiは3年以内の解約で2万円以上の解約違約金が発生します。月額料金がいくら安いと言っても違約金発生でむしろ割高になりかねませんので、この点だけはご注意ください。

まとめ)長期利用予定で、かつ料金の安さ・繋がりやすさを目指すならギガWi-Fiはおすすめ!

ここまでの内容を、ざっとまとめてみましょう。

ギガWi-Fiのメリット(再掲載)

  • 月額料金が安い
  • 通信制限なし
  • 海外134カ国でも利用可能
  • 最短即日発行が可能

ギガWi-Fiのデメリット(再掲載)

  • 解約違約金が高額
  • 通信速度は速くない
  • 最大同時接続台数が5台と少ない

月額料金の安さをはじめとするメリットが際立つギガWi-Fiですが、気になるのがデメリットにある解約違約金が高額の点でしょう。

皆様のこれからの快適なインターネットライフを実現していく際に、この記事が少しでもお役立てできることを、心より願っています!


9月のおすすめモバイルWi-FIサービス

サービス名/プロバイダ・キャンペーン・プラン 回線 契約年数 月額料金
1 BBN Wi-Fi トリプル
キャリア
2年 3,250円/月 公式サイト
2 ギガWi-Fi
(U2sプラン)
トリプル
キャリア
3年 3,250円/月 公式サイト
3 WiMAX
(GMOとくとくBB 月額値引き)
WiMAX2+ 3年 3,344円/月
(1〜2ヶ月目2,590円、
25ヶ月目〜4,263円)
公式サイト