d Wi-Fiは誰でも無料で利用できるドコモのフリーWi-Fiスポット

外出先でのインターネット接続やWi-Fiスポット探しに、ドコモのフリーWiFiスポットである「d Wi-Fi」が気になっている…という方は多くいらっしゃることでしょう。

d Wi-Fiは、ドコモが提供する、日本国内どこでも、かつ誰でも無料で利用できるフリーWi-Fiスポットサービスです。

現在、外出先でインターネット接続する際のサービスを探していた人には、d Wi-Fiはピンポイントでマッチするサービスになり得るかもしれません。

この記事では、そんなd Wi-Fiの特徴から利用方法、更には注意点まで詳しく紹介していきます。

あなたにとってd Wi-Fiが利用すべきおすすめのサービスか見極めるうえで、きっとお役に立つことでしょう。ぜひご覧ください!

d Wi-Fiの特徴

「d Wi-Fiは、ドコモが提供する公衆Wi-Fiサービス」ということで、「ドコモユーザーじゃないと利用できないのでは?」と思われた方もいらっしゃることでしょう。

ですが、d Wi-Fiはドコモユーザー以外の方も問題なく無料で利用できます。

また、それ以外にもドコモのWi-Fiサービスならではの強みや機能もあります。まずは、それらをしっかり把握していけるよう、d Wi-Fiの主な特徴について見ていきましょう。

d Wi-Fiを利用する前に押さえておきたい、d Wi-Fiの主な特徴

  • ドコモユーザー以外も無料で利用できる
  • スマホだけじゃなく、タブレットやパソコン等も複数台接続できる
  • 安心のセキュリティ
  • 有害サイトへのアクセス制限できる
  • d Wi-Fiスタートキャンペーン開催中

ドコモユーザー以外も無料で利用できる

これまでドコモはd Wi-Fiの以前に「docomo Wi-Fi」という公衆Wi-Fiスポットを展開しており、こちらはドコモユーザー向けのサービスでした。

そのdocomo Wi-Fiは2021年中にサービスを終了し、今後はd Wi-Fiに完全移行する予定となっております。

docomo Wi-Fiと新しいd Wi-Fiの一番の違いは、「d Wi-Fiは登録さえすれば、ドコモユーザー以外でも無料で利用できる」という点です。

d Wi-Fiのサービスをはじめる際には「dアカウント発行」「dポイントクラブ入会」「dポイントカード利用登録」が必要となりますが、ドコモのスマホやタブレットを持っていなくとも、無料で利用ができます。

かつ、データ通信量の制限はありません(※スポットの通信状況や同スポットエリア内に接続者が多数いた場合は、回線速度が遅くなることがあります)。

日ごろから「スマホの月間データ通信量が気になっていた」という方は、d Wi-Fiをうまく活用すれば強力な味方になってくれそうですね。

スマホだけじゃなく、タブレットやパソコン等も複数台接続できる

d Wi-Fiは、スマホ以外にもノートPCやタブレット、ゲーム機でのインターネット接続が可能です。

ちなみに、1人が接続できる最大台数は5台まで。Wi-Fi接続が可能な端末でしたらd Wi-Fiでのインターネット接続が可能です。

安心のセキュリティ

公衆Wi-Fiスポットを利用する際、「セキュリティ面が不安…」という方も多くいらっしゃることでしょう。

一方、d Wi-Fiはドコモ提供のWi-Fiサービスということもあって、セキュリティはかなり高くなっています。

現在の通信環境において、セキュリティ面を保護するうえで重要となるのはTLS(SSL)、VPN、そしてユーザー認証の仕組みです。

d Wi-Fiはそれらすべてを取り揃えていますので、他の公衆Wi-Fiスポットと比べて格段の完全性を確保できるということですね。

セキュリティに関する用語例

用語 説明
TLS(SSL)

インターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組み。TLSはSSLの次世代規格。

d Wi-Fiはログイン時にTLS通信を採用している為、第三者からのデータの盗聴・改竄を防止できる。

VPN インターネット上に仮想の専用線を設定し、特定の人のみが利用できるようにすること。
ユーザー認証

サービスを利用する人に対して、システムが本人であることを識別するための機能・仕組みを指す。

d Wi-Fiでは、ユーザー認証に標準化された「IEEE802.1X」の仕組みが用いられている。

有害サイトへのアクセス制限できる

d Wi-Fiはその他、未成年の方への利用の際に有害サイトへのアクセスを自動で制限してくれる「コンテンツフィルタオプション」を無料で利用することができます。

コンテンツフィルタオプションで制限するサイトの種類

不法、主張、アダルト、出会い、グロテスク、セキュリティ、ギャンブル、コミュニケーション、成人嗜好、オカルト

お子さんの外出時におけるインターネット接続用にd Wi-Fiを利用される際は、併せてこの機能を利用しておくと良いでしょうね。

d Wi-Fiスタートキャンペーン開催中

現在(2020年4月)において、ドコモでは「d Wi-Fiスタートキャンペーン」を開催して、d Wi-Fiの新規加入者を募っています。

こちらのキャンペーンは、期間内においてd Wi-Fiに加入した人のうちから抽選で2,020名の人にdポイントが当たる(最大10万ポイント=10万円相当)というものです。

ちなみに、キャンペーンに参加するためにはd Wi-Fiの申し込み完了の他にキャンペーンページからの「エントリー」が必要となります。

抽選は2回に分かれていますので、早めに申し込めばチャンスは2回になります。

現在d Wi-Fiの申し込みを検討されている方は、併せてキャンペーンもエントリーしておくと良いでしょうね。

d Wi-Fiが利用できる場所

ここまで、d Wi-Fiの特徴について説明しました。

続いては、実際にd Wi-Fiが利用できる場所について確認していきましょう。

d Wi-Fiは、日本全国のカフェ、コンビニ、ファストフード、空港などさまざまな場所で利用可能

d Wi-Fiは国内のカフェやコンビニ、ショッピングモール、空港など非常に多くの場所で利用可能です。

利用可能な店舗・施設の例

コンビニ

セブン-イレブン

ローソン

ファミリーマート 

カフェ・
ファストフード・
ファミレス

スターバックス コーヒー

タリーズコーヒー

デニーズ

ロッテリア

ケンタッキーフライドチキン 

ショッピングモール、
大型店舗

イトーヨーカドー

イエローハット

オートバックス

西武池袋

西部渋谷

東京ミッドタウン

パシフィコ横浜

幕張メッセ 

空港その他施設

東京メトロ

つくばエクスプレス

羽田空港

新潟空港 

上記以外にも、d Wi-Fiを利用できるスポットは多数あります。

d Wi-Fiのスポットには以下のステッカーが貼られていますので、これからd Wi-Fiを利用しようと考えている方は、普段の日常で利用するお店や公共の場でステッカーがあるかを確認しておくと良いでしょう。

また、d Wi-Fiが利用できるエリアでは、スマホ等のWi-Fiネットワーク一覧のネットワーク名(SSID)に「0001docomo」「0000docomo」と表示されます。

d Wi-Fiは、一部の新幹線でも利用可能

d Wi-Fiは、その他以下の新幹線内でも利用することが可能です。

d Wi-Fiが利用可能な新幹線

  • 東海道新幹線車内
  • 山陽新幹線車内
  • 九州新幹線車内

ただし、新幹線内においては通信容量が限られるため、速度制限がかかることが多いですのでご注意ください。

新幹線で無料Wi-Fiって使えるの?種類・仕組みを理解して活用しよう

d Wi-Fiの利用方法

さて、ここからは具体的なd Wi-Fiの利用方法について見ていきましょう。

d Wi-Fiは誰でも無料で使うことができますが、はじめにいくつかの作業が必要となります。

申し込みには「dアカウント発行」「dポイントクラブ入会」「dポイントカード利用登録」の登録が必要

先にもお伝えした通り、d Wi-Fiの申し込みには以下3つの登録が必要となります。

  • dアカウント発行
  • dポイントクラブ入会
  • dポイントカード利用登録

上記3つとも、誰でも無料で登録可能ですので、d Wi-Fi申し込み前に登録しておきましょう。

dアカウントの発行

ドコモショップ店頭やdポイント加盟店などで無料配布しているdポイントカードの登録で行うか、またはドコモの公式サイトから発行が可能です。

ドコモの公式サイトから発行を行う場合、登録画面よりメールアドレス他、ユーザー名、パスワード等の入力をすると、dアカウントが発行されます。

dアカウントの発行ページ

dポイントクラブ入会

dポイントクラブ入会は、前述のdアカウント発行時に合わせて入会されます。

サイト「dポイントクラブ」にて作成したdアカウントでログイン後、ポイントが計上されるようになっているか確認してみましょう。

dポイントクラブページ

dポイントカード利用登録

dポイントカード利用登録は、ドコモショップ店頭やdポイント加盟店でのカード発行時に行うか、インターネットからでも前述のdポイントクラブページから行うことができます。

インターネット上でdポイントカード利用登録を行う場合は、dポイントクラブページのトップにある「登録」ボタンをクリックします。

その後、「利用者情報登録」画面に遷移しますので、「登録する」ボタンをクリックし、登録を進めていきます。

登録を完了すると、登録先メールアドレスに「手続き完了」のメールが届きます。

d Wi-Fiの申込方法

続いては、d Wi-Fiの申し込み方法について見ていきましょう。

d Wi-Fiの申し込みは、以下の3つのいずれかで行います。

ドコモオンライン手続き

インターネット上でd Wi-Fiの登録を行います。

ドコモの公式サイト内「d Wi-Fi」のページ、「お申込み方法」から確認できます。

尚、お申し込みは24時間受け付けています。

電話

電話上でd Wi-Fiの登録を行います。

ドコモのスマホからは局番なしの「151」、

ドコモ以外のスマホ・一般電話からは「0120-800-000」の番号にかけます。

受付時間は9:00〜20:00です(年中無休)。

ドコモショップ

ドコモショップ店頭からd Wi-Fiの登録を行います。

dポイントカードの発行と併せて登録が可能です。

手続きを終えれば、晴れてd Wi-FiのWi-Fiスポットでインターネット接続ができるようになります!

d Wi-Fiの接続方法

d Wi-FiのWi-Fiスポットでインターネット接続をする際、接続先の端末が「ドコモ回線の機器」かそれ以外かで接続方法が異なります。

ドコモ回線の機器は、自動接続される

ドコモ回線のスマホやタブレットは、専用のネットワーク(SSID)「0001docomo」が選別され自動接続されます(SIM認証)。

ただし、SIM認証に対応していないスポットにおいては、dアカウントとd Wi-FiパスワードによるWeb認証が必要となります。

詳細の接続方法については、以下サイトをご覧ください。

d Wi-Fi スマートフォン、タブレットでご利用の場合の接続方法

ドコモ回線以外の機器は、Web認証で接続

ドコモ回線以外の機器・端末の場合は、ネットワーク(SSID)「0000docomo」を使ってインターネット接続します。その際、dアカウントとd Wi-FiパスワードによるWeb認証を求められます。

d Wi-Fiパスワードは、dアカウント発行時のパスワードとはまた別のものになり、専用に発行しておく必要があります。

詳細はドコモ公式サイトの以下d Wi-Fi専用ページをご確認ください。

d Wi-Fi スマートフォン、タブレットでご利用の場合の接続方法

d Wi-Fi パソコンやその他Wi-Fi対応機器の場合の接続方法

d Wi-Fiの注意点

さて、ここからはd Wi-Fiを利用するうえでの注意点についてお伝えしていきます。

ここまでの内容を読まれて「d Wi-Fiを利用しよう」と思われた方も、最後に以下の注意点をチェックしておいてください。

d Wi-Fiの注意すべきポイント3つ

  • 速度が遅い場合がある
  • dポイントクラブ退会、dポイントカード廃止で利用できなくなる
  • 無料Wi-Fiスポットのリスクも把握しよう

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

速度が遅い場合がある

もし、インターネット接続に「通信速度の速さ」を求めていたとしたら、d Wi-Fiはその期待に応えきれないこともあるでしょう。

なぜならば、d Wi-Fiはスポットによって電波の強い・弱い場所があり、更にはスポット内で同時期にインターネット接続している利用者が多いと、その分回線が混みあって速度が遅くなるからです。

外出先で常に安定した通信速度を求める方は、次章で紹介する、WiMAX等のモバイルWi-Fiルーターの利用を検討されることをおすすめします。

dポイントクラブ退会、dポイントカード廃止で利用できなくなる

前章にて、d Wi-Fiを利用するには「dアカウント発行」「dポイントクラブ入会」「dポイントカード利用登録」の3つの登録が必要であることをお伝えしました。

ですので、「dポイントクラブ」や「dポイントカード」を解約・退会するとd Wi-Fiも利用できなくなります。

dTVやdショッピング等のドコモのサービスを解約する際に、併せて上記まで解約してしまい、気づいたらd Wi-Fiも使えなくなってしまった…ということがないようにご注意ください。

無料Wi-Fiスポットのリスクも把握しよう

その他注意したいのが、d Wi-Fiのスポットを偽装した「野良Wi-Fi」の存在です。

ネットワーク(SSID)名がd Wi-Fiの「0000docomo」と似たもので、かつパスワードなしでログインできる場合、それはd Wi-Fiを偽装した危険なWi-Fiスポットの可能性もあります。

パスワードが付いていないWi-Fiスポットは、そこでインターネット利用した際のデータのやり取りについてITに詳しい人であれば傍受・盗聴することもできてしまうのです。

d Wi-Fi利用の際は、きちんとネットワーク名を確認したうえで利用するようにしましょう。

野良Wi-Fiの危険性、その他公衆Wi-Fiの注意点については以下記事にて詳しく紹介しています。よろしければ、併せてご覧ください。

無料Wi-Fiスポットって危険なの?Wi-Fiスポットを安全に利用する方法

モバイルWi-Fiルーターなら、どこでも安全に使い放題が可能

ここまで、d Wi-Fiの特徴から利用方法、そして注意点についてお伝えしました。

d Wi-Fiのドコモユーザーに限らず完全に無料で利用できる点にメリットを感じられた方も多いことでしょう。

一方ですが、「指定されたスポットでないとインターネット接続できない」「通信速度が安定しない」といった点にやや不安を感じる方もいらっしゃるでしょうね。

それら不安点が気になる方は、d Wi-Fiと併せて「モバイルWi-Fiルーター」の利用も検討されると良いでしょう。

モバイルWi-Fiルーターは月額で利用料が発生しますが、d Wi-Fiと違って「いつでも、どこでも」インターネット接続が可能です。

かつ、最近では月内のインターネット通信量無制限で、つまりインターネット使い放題で利用できるモバイルWi-Fiルーターも多く出てきています。

以下におすすめのモバイルWi-Fiルーター2点、ご紹介します。d Wi-Fiと併せて検討してみてください。

コストパフォーマンスと「繋がりやすさ」重視なら「Mugen WiFi」がおすすめ

Mugen WiFiは、月額料金3,280円で、月内のインターネット通信量無制限で利用できるモバイルWi-Fiルーターです。

Mugen WiFiのインターネット回線は「トリプルキャリア」といって、国内主要回線であるドコモ、ソフトバンク、auの3回線のうち繋がりやすい回線を自動選択して接続される仕組みとなっています。

つまり、「繋がりやすさ」において強力なアドバンテージのあるモバイルWi-Fiルーターということですね。

また、Mugen WiFiは「30日間の全額返金補償」サービスが付いており、ポケットWiFiを初めて利用する方も安心して申し込みができます。

トリプルキャリア回線に対応したモバイルWi-Fiルーターはいくつかありますが、最安級です。

インターネットの繋がりやすさだけでなくコストパフォーマンスを気にする方も、Mugen WiFiがおすすめになるでしょう。

Mugen WiFiの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

速度重視なら「GMOとくとくBB」のWiMAXがおすすめ

外出先でもインターネットが使えて、かつ通信速度の速さを重要視する際は「WiMAX」のモバイルWi-Fiルーターがおすすめになるでしょう。

WiMAXの最新機種「W06」では下り通信速度最大1GBと、光回線と同レベルの速度が期待できます。

また、WiMAXも月内のインターネット通信量はほぼ無制限で利用できますので、高画質動画の視聴をはじめとする大容量データのやり取りを行う方にもおすすめです。

※WiMAXは3日間でのインターネット通信10GBまでの制限があります。制限を超えて利用した場合、翌日18:00〜翌々日2:00までの間、通信速度1Mbpsまでの通信制限が発生します。

WiMAXを提供するプロバイダは国内にいくつもありますが、とくにおすすめは「GMOとくとくBB」です。

GMOとくとくBBは料金がとにかく安いこと(WiMAXプロバイダ最安値)、かつ最新端末も取り揃えている、即日発送可能といったサービス品質の安定さがあります。

WiMAX契約の際はGMOとくとくBBを優先して契約先を検討すべきでしょう。

GMOとくとくBB WiMAXは月額割引がおすすめ!料金が確実に安くなる

まとめ)「d Wi-Fiがどれだけ便利に活用できるか」──まずは、自身で試してみよう

最近は非常に多くの場所で公衆Wi-Fiスポットが見られるようになりましたが、セキュリティの安全性という観点では、それらのうち少なからずが「完全に安全とは言えない」スポットと言えます。

私たちは、Wi-Fiの便利さを享受するだけではなく、その際のリスク・危険性もしっかりと把握すべきでしょう。

その点、d Wi-Fiはドコモの設ける強固なセキュリティの安心感があります。

これまであまり危機意識なしに公衆Wi-Fiスポットを利用していたという方は、まずはd Wi-Fiへの移行から始めてみると良いかもしれませんね。

皆様のこれからの快適なインターネットライフを実現していく際に、この記事が少しでもお役立てできることを、心より願っています!


9月のおすすめモバイルWi-FIサービス

サービス名/プロバイダ・キャンペーン・プラン 回線 契約年数 月額料金
1 BBN Wi-Fi トリプル
キャリア
2年 3,250円/月 公式サイト
2 ギガWi-Fi
(U2sプラン)
トリプル
キャリア
3年 3,250円/月 公式サイト
3 WiMAX
(GMOとくとくBB 月額値引き)
WiMAX2+ 3年 3,344円/月
(1〜2ヶ月目2,590円、
25ヶ月目〜4,263円)
公式サイト