スマホドックWiFiの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

料金が安くて、かつ大容量のインターネット通信ができるポケットWiFiを探していて、「スマホドックWiFiって、どうなんだろう」と思っていませんか。

スマホドックWiFiは、他のポケットWiFiと比較して月額料金が安く、更に月内のインターネット通信も大容量で利用できるポケットWiFiです。

ですが一方で、最近はスマホドックWiFi同様に「料金が安い、月内大容量で利用可」のポケットWiFiサービスが多く登場してきます。

あなたにとってスマホドックWiFiが「もっともおすすめなポケットWiFi」か見極めるためには、公式サイトの情報だけでなく、より詳しい特徴やメリット、そしてデメリットも把握しておくべきでしょう。

この記事では、そんなスマホドックWiFiの詳細情報を分かりやすくまとめてみました。

ぜひご覧ください!

スマホドックWiFiの特徴・評判は?

「スマホドックWiFiをかなり以前から知っていた」という方は、あまりいらっしゃらないでしょう。

なぜならスマホドックWiFiは、2020年3月よりサービス開始される、比較的新しいポケットWiFiサービスだからです。

本章では、スマホドックWiFiの運営会社と、サービスの主な特徴をお伝えしていきます。

スマホドックWiFiの運営会社

スマホドックWiFiを運営するのは「株式会社オフィス24」

1993年に設立した、IT・ネットワークのソリューション事業、その他金融・不動産まで非常に多岐にわたるサービス展開を行っている会社です。

同社は「スマホドック24」というパソコンやスマホの修理を行う店舗運営や、その他社名のサービスとなっている「Office24」では事務用品や文房具等の販売、DTPサービス等を行っておりますので、これらの店舗を利用されていた方もいらっしゃるかもしれませんね。

国内ポケットWiFiの運営会社の中でも、スマホドックWiFiを運営するオフィス24は会社の規模・実績として十分に大きな会社と言えるでしょう。

トリプルキャリア無制限とソフトバンク回線100GBの2プラン

スマホドックWiFiでは、「無制限プラン」と「100GBプラン」とふたつのプランを選ぶことができます。

  100GBプラン 無制限プラン
月内のインターネット通信量 100GBまで 無制限
国内のインターネット回線 ソフトバンク回線

トリプルキャリア回線

(ドコモ、au、ソフトバンク)

海外での利用 不可

可能

※別途料金が発生

スマホドックWiFiの両プランでまずチェックしておきたいのが、「無制限プラン」です。

無制限プランはクラウドSIMによるトリプルキャリア対応で、海外でも利用可能です。

クラウドSIMとは

クラウドSIMとは、通常はポケットWi-Fiやスマホの内部に挿入されるSIMカードを、クラウドサーバー(インターネット上のサーバー)上で管理するという、次世代型の通信技術のことです。

クラウドSIMは、クラウドサーバーから全世界・全キャリアのSIMカードの中から最適な回線を読み込み、インターネットに繋げることができます。

そのため、クラウドSIMを搭載したポケットWiFiは、国内・海外に関わらずインターネット通信が可能になるのです。※海外利用時は、別途料金が発生します。

トリプルキャリアとは

クラウドSIM対応で、かつ国内においてドコモ、au、ソフトバンクの主要回線を利用できるインターネット通信端末を「トリプルキャリア」と呼びます。

通信場所によって3回線の中から最適な回線を自動に選び接続してくれるので、他のインターネット通信機器と比較して「繋がりやすさ」「通信の安定さ」が実現されやすくなります。

もうひとつのプラン、「100GBプラン」で利用する回線は「ソフトバンク回線」です。

無制限プランと比べた際に「月内のインターネット通信量は100GBまで」「海外では利用不可」といった制限はありますが、その分月額料金は安めになっています。

どちらのプランも契約期間は1ヶ月(レンタル扱い)で、かつWiMAXにあるような「3日で10GBまで」といった日数単位での通信量制限はありません。

スマホドックWiFiの利用料金

続いては、スマホドックWiFiの料金プランについて見ていきましょう。

月額料金

無制限プラン 3,480円/月

100GBプラン 2,880円/月

初期費用 3,000円
解約違約金 1カ月レンタルのためなし
端末代 レンタル品のため無料(解約後要返却)
端末補償オプション なし

スマホドックWiFiはレンタルWiFiサービスで、契約期間は1ヶ月としています。

ですので、他のポケットWiFiにあるような解約違約金はありません。

端末についてはレンタル品のため無料となりますが、サービス終了時(契約終了時)に返却する必要がありますのでご注意ください。

また、スマホドックWiFiには故障や水没時の端末補償サービスは付いていません。

1年間はメーカー保証が付いていますので、自然故障の際はそちらを利用されると良いでしょう。

利用端末

スマホドックWiFiで利用できる端末は、それぞれのプランで異なります。

  • 無制限プラン:Cloud AiR WiFi G4
  • 100GBプラン:ZTE 801ZT

各プランの端末について、見ていきましょう。

無制限プラン「Cloud AiR WiFi G4」

通信速度 下り最大150Mbps、上り最大50Mbps
連続通信時間 約12時間
同時接続台数 5台
サイズ 約72.2mm×136mm×12mm
重さ 約190g

無制限プランで利用できる「Cloud AiR WiFi G4」は、ポケットWiFiでは珍しい、スマホのようなタッチパネル式の端末です。

インターネット通信状況を確認できるほか、以下の機能も利用できます。

  • 翻訳アプリ
  • 地図アプリ
  • トリップアドバイザー(旅行コミュニティサイト)アプリ
  • モバイルバッテリー機能

海外利用時に、上記機能が重宝されそうですね。

100GBプラン「ZTE 801ZT」

通信速度 下り最大112.5Mbps、上り最大37.5Mbps
連続通信時間 約10時間
同時接続台数 10台
サイズ 約71.0mm×71.0mm×14.2mm
重さ 約128g

100GBプランで利用する端末「ZTE 801ZT」は、71mm×71mm×14.2mmのコンパクトサイズとなっており、持ち運びしやすい大きさです。

「インターネットの利用は国内のみ」「月内のインターネット通信量は100GBあれば充分」「通信速度にはあまりこだわらない」という方は、こちらのプランがおすすめになるかもしれませんね。

スマホドックWiFiの評判

さて、スマホドックWiFiを実際に利用している方の評判については、まだネット上では確認できませんでした。

今後利用者が増えるにつれて、ネット上でスマホドックWiFiの評判も出てくることでしょう。

スマホドックWiFiのメリット

続いては、スマホドックWiFiの「メリット」について見ていきましょう。

特に押さえておきたいメリットのポイントは、以下の3点です。

  • 月額料金が安い
  • 1カ月単位での契約が可能
  • 海外100カ国以上で利用可能

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

月額料金が安い

スマホドックWiFiの一番のメリットと言えば、「月額料金の安さ」にあります。

近年スマホドックWiFi同様に格安ポケットWiFiが次々と登場していますが、スマホドックWiFiはそれらの中でもかなり安い部類に入ります。

具体的に、無制限プラン、100GBプランそれぞれの、同様スペックのサービスと比較しながら見ていきましょう。

無制限プラン

スマホドックWiFiの「無制限プラン」は、クラウドSIM&トリプルキャリア回線、および端末は液晶パネルで地図アプリや翻訳アプリが利用できます。

これらと同様の機能を提供しているサービスとしては、「FUJI Wifi(快適!クラウドプラン)」「限界突破WiFi」「Mugen WiFi(アドバンスプラン)」があります。

これらサービスとスマホドックWiFi(無制限プラン)の、契約期間及び月額料金を比較してみましょう。

サービス・プラン名 契約期間 月額料金
スマホドックWiFi(無制限プラン) 1カ月 3,480円
FUJI Wifi(快適!クラウドプラン) 1カ月 3,980円
限界突破WiFi  2年 3,500円
Mugen WiFi(アドバンスプラン) 2年 3,880円

一覧表で確認できるとおり、スマホドックWiFi(無制限プラン)の月額料金が最安値となっています。

契約期間が同じく1ヶ月単位となっている「FUJI Wifi(快適!クラウドプラン)」と比べた際は、月額料金500円も安くなっており、年間で利用した場合は6,000円もお得になります。

100GBプラン

続いては、スマホドックWiFiの100GBプランについても見ていきましょう。

100GBプランは月額2,880円で、月内100GBまでのインターネット通信ができます(回線はソフトバンク回線)。

同様のスペック・性能を持つポケットWiFiサービスとしては、「それがだいじWi-FI(100GBプラン)」「FUJI Wifi(50ギガプラン)」等がありますが、そのなかでもスマホドックWiFiの100GBプランは最安クラスです。

サービス・プラン名 契約期間 月額料金
スマホドックWiFi(100GBプラン) 1カ月 2,880円
それがだいじWi-FI(100GBプラン) 3年 3,180円
FUJI Wifi(50ギガプラン) 1カ月 2,980円

つまり、スマホドックWiFiは「無制限プラン」「100GBプラン」どちらを選んだとしても、他のポケットWiFiと比較して料金的にお得になれる、ということですね。

1カ月単位での契約が可能

また、前述の通りスマホドックWiFiは「1ヶ月契約」としていますので、他のポケットWiFiにあるような解約違約金が発生しません。

 

「ポケットWiFiを利用したいけれど、どれくらいの期間必要になるか見当がつかない」「契約更新月に合わせて解約しなければならないのが面倒」という方には、スマホドックWiFiの1ヶ月契約及び解約違約金不要のメリットはかなり大きいでしょう。

海外100カ国以上で利用可能

スマホドックWiFi「無制限プラン」では海外での利用も可能としていますが、サイト上では利用可能な国・地域などの詳細はまだ記載されていません(2020年2月現在)。

ただし、同端末を取り扱っている他社サービスでは「134カ国で利用可能」としていますので、スマホドックWiFiの無制限プランにおいても同等の地域──つまり世界の主な国・地域において、インターネット接続が可能であることが予想されます。

スマホドックWiFiのデメリット

ここまで、スマホドックWiFiの特徴からメリット面を確認しましたが、「デメリット面がないか」について気になられた方もいらっしゃることでしょう。

続いては、スマホドックWiFiを契約する前に知っておきたい、「スマホドックWiFiのデメリット」についてい見ていきます。

  • 端末補償オプションがない
  • 通信速度は速くはない

端末補償オプションがない

先にもお伝えしましたが、スマホドックWiFiは端末故障・水没・紛失時などに補償してくれる「端末補償オプション」は用意されていません。

契約から1年間はメーカー保証が付いてきますが、こちらは自然故障のみの対応で、過失による故障や水没、紛失などは対象外となるので注意が必要です。

その他注意しておきたいのが、端末内の「バッテリー劣化」です。

ポケットWiFiの多くは1〜2年利用した際にバッテリー劣化が発生されやすくなり、すぐに充電がなくなる、または充電がうまくされなくなるというトラブル・故障が起きることがあります。

スマホドックWiFiにおいてこれら「バッテリー劣化」への対応は「新品との交換」になります。

また、その場合「無制限プラン15,800円(税別)、100GBプラン19,800円(税別)」の端末代が発生します(故障時も同様に端末代が発生します)。

また、スマホドックWiFiはレンタルサービス(解約後に返却する必要がある)ですので、これら故障・破損時のトラブルの際は端末代が必ず発生すると見ておくべきでしょう。

そのため、スマホドックWiFiを長期間利用する際は、これらリスクと端末の扱いには重々注意しておくことが求められます。

通信速度は速くはない

その他、スマホドックWiFiは無制限プラン、100GBプランともに通信速度はそれほど早くありません。

参考:スマホドックWiFiの通信速度

プラン 通信速度
無制限プラン 下り最大150Mbps、上り最大50Mbps
100GBプラン 下り最大112.5Mbps、上り最大37.5Mbps

上記通信速度はあくまで「最大値(理論値)」ですので、実際に数値で記された速度が出るわけではありません。

例えば無制限プランの「下り最大150Mbps」の場合、同様の速度を記している他社サービスでは実測で「10〜40Mbps」くらいの速度になることが多いです。

ポケットWiFiに通信速度の速さを求める方は、WiMAXやワイモバイルなどの高速回線の端末も併せて検討されると良いでしょう。

WiMAXとワイモバイル(Y!mobile)のポケットWi-Fiを徹底比較

ただし、スマホドックWiFiは「1カ月レンタル」の短期間で契約を見直せますので、利用した際に通信速度が気にならないかを1〜2か月間確認して、その際に他のポケットWiFiにするか判断されても良いかもしれませんね。

まとめ)利用料金の安さ、解約時リスクの低さを重要視する方は、スマホドックWiFiはおすすめ!

ここまでの内容を、ざっとまとめてみましょう。

スマホドックWiFiの特徴

  • レンタルサービスで、契約期間は1ヶ月間(解約違約金なし)
  • 「無制限プラン」と「100GBプラン」の2プランがある
  • 無制限プランは、クラウドSIMによるトリプルキャリア回線(ドコモ、au、ソフトバンク)で、海外利用も可能

スマホドックWiFiのメリット

  • 月額料金が安い
  • 1カ月単位での契約が可能
  • 海外100カ国以上で利用可能

スマホドックWiFiのデメリット

  • 端末補償オプションがない
  • 通信速度は速くはない

スマホドックWiFiの特徴を一言でいうと、「月内大容量のインターネット通信量が可能で、かつ月額料金が安く解約時の違約金のかからない」ポケットWiFiサービスです。

一方、上記デメリット面で挙げた「端末補償オプションがない」は若干気になるところではありますが、それ以外において他の類似サービス(特に無制限プランにあるような「クラウドSIM」「トリプルキャリア回線」)と比較して料金面と解約リスクの低さでかなりお得度の高いサービスと言えるでしょう。

あとは実際に利用された方々の評判がネット上で見られるようになってから、それら内容も参考にしつつ契約の判断をされると良いかもしれませんね。

皆様のこれからの快適なインターネットライフを実現していく際に、この記事が少しでもお役立てできることを、心より願っています!


9月のおすすめモバイルWi-FIサービス

サービス名/プロバイダ・キャンペーン・プラン 回線 契約年数 月額料金
1 BBN Wi-Fi トリプル
キャリア
2年 3,250円/月 公式サイト
2 ギガWi-Fi
(U2sプラン)
トリプル
キャリア
3年 3,250円/月 公式サイト
3 WiMAX
(GMOとくとくBB 月額値引き)
WiMAX2+ 3年 3,344円/月
(1〜2ヶ月目2,590円、
25ヶ月目〜4,263円)
公式サイト